Vita trophy第三戦参戦及び入賞!

先週末、茂木におきまして開催されましたVita trophy第三戦で、
我らがオギねぇこと荻原なお子選手が見事4位入賞をはたしました。

0809ogi2

まずは今回の参戦にあたり、荻原なお子選手をご協賛していただきました数々の皆様、本当にありがとうございました。
株式会社 和光ケミカル 様
Proto works 様
味仙 様(順不同敬称略)
当日ピットに遊びに来てくださったカメラマン様だったり皆様方。本当にありがとうございました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

実は彼女当日8/9がお誕生日。

この日のために照準を合わせ、かなりストイックなトレーニングであったり準備をしっかりとこなしこの日を迎えました。

 

こちらとしても全力を尽くしてマシンの準備に抜かりはありません。

迎えた当日、
予報では真夏日ではあるものの、そこまでの酷暑ではなさそうな予報ではありましたが。。決して気は抜けません。

スポットクーラー、工場扇、涼しいグッズに差し入れのポカリにお茶にお水。。お菓子にタオルに。。
0809ogi15
ほとんどがおぎねえの誕生日プレゼントですが。笑

皆様RaiseUPピットに遊びに来ていただきありがとうございました。助かりました。

予選走行開始。気温は28℃前後路温も土曜のtestよりは低め。エンジンがまわることが期待されます。

走行開始直後はペースもよく、公式自己ベストタイ付近でラップを重ね、タイムアタックを繰り返すものの。。

15分という短い間ではありますが、どんどんとペースを上げてくるライバル車両の追い上げをうけ、
結果は予選6位。6月よりも気温も路温も高いなか、BESTを更新したのは彼女のがんばりであったと言っていいと思います。
予選リザルト

 

続く決勝は段々と気温も下がりだす15時ごろから出走です。
0809ogi9

0809vita

0809ogi7

0809ogi8

グリッドからの転がりだしは上々ながら、軽くホイールスピンを喫し他車から若干遅れる#44荻原選手

走り出しのペースがあがりだすまでに少々時間がかかったものの、5位集団の後方でチャンスを伺います。

0809ogi1

その後は若干膠着状態のまま周回を重ね上位車両の不運なトラブルやレーシングアクシデントをくぐり抜け
気づけば4位を走行。

先ほどの画像の後方に写っているDeepRacing小西選手の後方からチャンスを伺うも。。No chanceでした。残念。

決勝リザルト

若干のベースラップ不足が出てしまったキライはありましたが。現役バリバリだったりS-FJチャンピオンだったりF4に参戦していたDriverのなかで堂々の4位は
誇っても良いと個人的には考えます。
0809ogi14

決勝が終わってデブリーフィングを動画をみながらマンツーでやっている時。。

実は彼女の背後で事件が。。

0809ogi10

そうです。お約束のお誕生日ケーキです。

ギリギリまでタイミングを見計らい、キッチリと大役を果たしてくれた弊社の優秀なスタッフ様。感謝感謝です。
0809ogi11

0809ogi13

全てが完了したあと、スタッフ全員で記念撮影。
0809ogi12

きっといいお誕生日になったのではないかと存じます。

こちらとしても素晴らしい一日になりました。

改めて。

ありがとうございました!

感謝!

Vita trophyとしまして次戦は9/21筑波ラウンドとなります。
Driverは変わりますが、Raise UP motorsport#44も当然参戦の予定です。

応援の程、何卒よろしくお願いいたします!

日中韓 モータースポーツフェスティバル参戦

 

去る7月16日~19日にかけまして、korea inter national circuitにて日中韓 モータースポーツフェスティバルが開催され、
弊社がメンテナンスを請け負わせて頂いておりますkamikaze選手も招待選手として招かれましたので行ってまいりました事のご報告となります。

 

11695987_1031832356856869_8690385695360553831_n

約二週間の船旅を無事に終え、つくば工場から遥か2500km西方の韓国国際サーキット(F1サーキット)で
マシンに再会。長い船旅で潮水喰らったり相当の高温に晒されたことが想定されています。
実は心中穏やかではありません。汗
搬入
搬入完了Boxに整列させて。。何はともあれ動作チェックです。

特に今回のレースは外国で開催され、燃料が韓国のものとなるのでいつも以上に入念にセンサーの値を確認します。
gasチェック中
事前の下調べの結果、韓国内でのハイオクガソリンの性状に問題は無いことは確認できておりましたが、
如何せんこの手のものは行ってみなくてはわからない、最後は出たとこ勝負の所があります。
実際今回も日本のトラックに良く埋め込まれている磁気センサーが反応せず、
AIM-EVO4に搭載されているGPSラップタイムもトラックデータが乗っているとの情報を信じて現地に向かったものの。。担当者が全く確認しておらず。弊社メンテの車両分に関しては、
ナニがなんでもラップは出したかったので二重三重の防衛策を考えていたので結果としてはなんとかなりました。
ナニはともあれ・・
車両に搭載されたセンサーの値なども、ある程度想定内で収まっていることを確認できたので一安心。

yakiniku

 

無事に木浦市にて夜ご飯にありつくことができました。

sentou開けて翌朝。早速フリー走行 FP1 FP2と進行していきます。

circuit

所で今回開催されます、KICことF1サーキットについて少し。
全長5.6km ティルケ氏設計のサーキットです。
パッと見た印象ですと、パキッとステアを入れてロングストレート。二箇所ほど嫌らしいところのあるコースだなーと言う印象だったのですが。
流石ティルケデザイン。キッチリ随所に罠を仕掛けてありました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Korea_International_Circuit

今後走られるDriverの方々。。よくシミュレータを使ってから現地入りしたほうが良いですよ。。

コースの仕上がりは非常に素晴らしく、攻略しがいのあるデザイン。素晴らしいコースです。
特に今回のレースに関しましては、事前の段取り勝負な部分が多く現地に入ってからでは手も足も出ないことが多く見受けられました。

それはメカニックの私どもも同じ。
1653571_1031833910190047_3220500149512621056_nそうは言っても常に全力を尽くすお仕事ですから。

ある程度想定内で収まったとは言え。。日本で考えてきた持ち込みセット。ベターなギアレシオ。タイヤの内圧。
今回ご協力してくださった方々のお陰で、現場でお祭り騒ぎになることはなんとか回避することが出来、
より一層集中して仕事に取り組む事が出来ました。感謝です。

集合写真Race1が始まる前にパシャリと一枚。日本選手団全員で集合です。

予選は6位。

ようやくDriverのイメージと車両のイメージが咬み合いだし、タイムがガンガン削られていく様は、いつものことながら
初めて訪れたサーキットの醍醐味の一つと言ってもいいと存じます。

続くRace1
kamikaze

10425090_1031834463523325_3444257151448069040_n

Driver気合十分!
KIC photo_n

ココで今回のレースフォーマットについて。

30分間のFPを二本。予選(QF)は30分間。

 

Race1のグリッドはQF結果でストレートに決まります。出走24台。

 

Race2(Final)のスターティンググリッドは、Race1の結果で決定され、10周の周回数で争われます。

結果。。

pole

kamikaze2

Race2でポールポジションGET!

RaiseUPmotorsportとして初海外参戦でポール獲得出来た瞬間です!

 

tyekka-

6位までリバースだったなんて今更言えない

 

otukare

 


ota2

aki
結果kamikaze選手はRace2で7位完走。あと1時間あれば。。

ってきっと今回出走した24台中23台は思ってることだと思います。

なにはともあれ。。弊社が関係してる4台。全車最高に満喫し、全員ちゃんと完走したこと。
今回5日間。濃密な5日間でした。

私としても、このような素晴らしいイベントに招待していただいたこと。

関係各位皆様方のご尽力の賜物と存じます。ありがとうございました。素晴らしい経験でした。

感謝!

pare-do

7/11 茂木Vita test

昨日はツインリンク茂木にて先月以来となるtestを行いましたことのご報告となります。Driverはおぎねえ。8月9日のモテチャンも彼女がドライブします。素晴らしく実りの多いtestになりました。車載動画は現在アップ中。後ほど貼り付けますのでお楽しみに。

Posted by Raise UP motorsport on 2015年7月11日

Vita trophy第二戦参戦報告

先週末に行われました茂木チャンピオンカップ Vita trophy第二戦に参戦したご報告となります。

まずはご協賛頂きました株式会社和光ケミカル様に御礼申し上げます。

ご協賛頂きました物品のおかげもあり、
フィーリング良くレースを戦いぬくことが出来たのではないかと存じます。

今回ご協賛頂きましたブレーキフルードのSP-4は比較的タッチも硬めに出て
軽量クラスのVITA01にはピッタリだと今まで以上に確信を深めることが出来、
弊社としても自信を持ってオススメ出来るものだと改めて感じました。

今回参戦した荻原なお子選手は実に2年ぶり位のレース参戦、
スプリントに至っては10年?ぶりとのことで
初めてのこのクルマと仲良くなるのに時間を要する部分があったことは否定できませんが、

ジックリと走行距離を重ねるごとに薄皮を剥ぐように勘を戻し、
ロガーの波形からも諸々の発見があり、
まだすべての歯車がカチッと回り出した感じは薄かったものの。

初戦としては十分な結果と言える8位完走をなしとげました。

何よりこのCategoryに一番大事な「皆で最高の一日を過ごす」
ということに関しては100点満点と言って良い最高の一日だったのではないかと自負しております。

本戦は8月の茂木の第三戦です。
その時は今以上にさらなる高みを目指して、
全力前進鬼のフルプッシュで沢山遊んでいただけることでしょう!

ありがとうございました!

感謝!

筑波スーパーFJ第二戦 優勝!

メンテナンスを請け負わさせて頂いているKAMIKAZE選手が去る5月5日のこどもの日に開催されました
筑波サーキットコカ・コーラプレゼンツJAF地方選手権第二戦スーパーFJに於きまして、
予選3位、決勝優勝の輝かしい結果を出したことをここに報告させて頂きます。

第2戦、優勝。いろいろありましたが、関係者のみなさま本当にお疲れ様でした。<(_ _)>

Posted by 福田 光治 on 2015年5月5日

2月8日 つくばコース1000