茂木チャンピオンカップ参戦!

先日ツインリンク茂木にて開催された茂木チャンピオンカップに

弊社より二台参戦したご報告となります。

参戦ドライバーは

 

S-FJ #6 阿比留拳斗選手

Vita #13 岸本直也選手

以上二名です。

阿比留選手はデビュー戦ということもあり、めまぐるしく変わる天候、路面コンディションに

若干翻弄されつつも、しっかりと着実に成長を遂げきっちり完走。

半年前にはほぼ未経験も良いところであったことを考えれば、グリッドに並んだだけで大したものだと個人的には思います。

個人ベストタイムも決勝中にマークするなど伸びしろはばっちりありそうです。

今回は入賞ならずではございましたが、今後が楽しみなドライバーです。

 

Vitaクラスからエントリーの岸本直也選手は、ずっと弊社にてメンテナンスを行わせて頂いている

ドライバーです。

お仕事の関係上土曜入りとなってしまい、ほぼぶっつけテスト無し状態になってしまい。。

挙句生憎の空模様の悪戯が。。

次戦が楽しみですね!

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

レースは結果ももちろん大事です。勝負ごとですからね。

でも。。やはり忘れてはいけないのは、

結果よりも内容が先に来るということでは無いでしょうか。

沢山走りこんで沢山楽しい時間を費やし、一つ一つStep by Stepで着実に進んでいく。

間違っても後戻りをしないできちんと一つ一つを確認しながら進んでいく。

その結果がいつか結実し、ポディウムであったり優勝であったり。何某かのご褒美に繋がっていくものと個人的には思います。

ローマは一日にして成らず。千里の道も一歩より。

 

ありがとうございました!

感謝!

 

全勝

6月の時点でツインリンク茂木SuperFJタイトルを確定させていたゼッケン9番 伊藤鷹志選手ですが、

先日お伝えした通り、まったく手綱を緩めることなく全勝を成し遂げました。

 

 

 

20161030%e8%8c%82%e6%9c%a8%ef%bc%91

但し。

今回のレースは11月末に予定されている日本一決定戦の前哨戦となる大事な一戦で、

TOPチェッカーを受けた選手のペナルティによる優勝であった事は確たる事実です。

はっきり言えば力負け。

予選の流れで若干不利になってしまったことは確かですが、

今一度キチッとやるべきをやり、用意すべきを用意し、

さらなる高みを目指してくれることでしょう。

 

2016 F1日本GP参戦!

14585855_645196358987514_2125794341_o

10月9日に鈴鹿サーキットにて開催されましたFIA主催 Formula1 日本GPに参戦してまいりましたご報告となります。

いえ。SuperFJなのですが。(汗

ドライバーは塩田龍二選手。

2014年に茂木チャンピオンカップレースに参戦していた選手です。

14572098_645196572320826_1440264651_o

 

 

弊社所有のSuperFJがF1の舞台で走っております!

前座ですが(汗

結果は。。事前テスト無しのほぼぶっつけ本番&路面がコロコロ変わるDumpコンディション。

正直合わせこめませんでした。

それでも夜は、

DSC_1319

DSC_1319

DSC_1320

DSC_1320

 

 

キッチリ合わせこんで楽しい一夜を過ごしました。良い仕上がりでした。笑

来年もあるかわかりませんが、次回があればもう少し準備をしっかりとしたいと思いました。
ありがとうございました。感謝です。

 

2016スポーツランド菅生スーパーFJ シリーズタイトル獲得!

スーパーFJ 二つ目のタイトル獲得!

 

2016sugono3

茂木に続き、マシンオーナーであるKamikaze選手が自身初めてのJAFタイトルを獲得しました。

マシンは弊社メンテナンスのR&D10V 画像のマシンです。
当日予選は肌寒く時折小雨がぱらつき、

たった15分間の予選時間の間にいろいろなドラマが待っている衝撃の展開となりました。

2016sugono2

 

コースインと同時に先頭を切って飛び出していくKamikaze選手 後を追うように他車がコースインしていきます

 

計測開始3分後。恐れていた事態が起こります。

ぱらぱらと来ていた小雨が大きな雨粒となり一気にコースを濡らしていきます。

「先頭コースインで良かったー」

決勝は問題なくドライで走れたのでキチンと集中して走ってくれて、

2016sugono4

自身初となるJAFタイトル獲得に大喜びでした。

感謝!

 

Twin ring motegi スーパーFJシリーズタイトル獲得!

20160619-%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f

弊社にてメンテナンスを請け負っております、Superwinds R.T所属のkamikaze選手のマシンを

本年度は若者にもチャンスを与えたいというKamikaze選手の意向で伊藤鷹志選手に貸与し、

Twinring motgiにて開催されております茂木チャンピオンカップレースに参戦の機会を与えることになりました。

そしてその結果のご報告です。

4戦4勝3ポールにてのほぼ完全優勝と言って過言ではない結果に終わりました。
勿論この時期のタイトル獲得は近年まれな出来事であり、

著名なモータースポーツライターの はたなおゆき 氏にもCroooober上で取り上げていただきました。

勿論レースは勝負事ですから、勝敗にはいろいろな状況、出来事などが多数関わるものと存じますが、

結果は結果として素直に喜べる結果と言っていいと存じます。

但し。シーズンはまだ途中です。

次戦 10月30日に最終戦が控えており、そこでシーズンの間一年間に渡ってどれだけ「準備」出来てきたのか。

真価が問われることでしょう。

全く手綱を緩めることなく、ビシビシといきたいと思っております。

よろしくお願いいたします。 感謝!

20160619-%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%ad%e3%82%b4

 

 

 

 

 

 

本年も一年ありがとうございました。

大晦日ですね。

今年も本当に色々なことがありました。

昨年末のツクバtestにて弊社メンテで記録したツクバ非公式レコード。から始まり、
初めて韓国で開催されたSuper FJの韓国ラウンド。決勝ポールポジション獲得

初めて開催された富士Vita第一戦。弊社関連は二台エントリーで。
結果は。。SoSo リベンジを誓っておきます。

Vitaに関しては前半を除きお立ち台は無かったものの、
最終戦の150min耐久にてポールをGET。

富士、袖ヶ浦ラウンドで作っていったイメージをさらに進めたセットアップ。

現状ではおそらく一つ間違った方向性で無いことも確認出来。
一歩今年詰め切れなかった部分を来年。大きく進めて行く所存です。

S-FJツクバラウンドに関しても昨年同様台数は少ないものの、TOPランカーの闘いはアツく
結果負けてはしまいましたがKAMIKAZE選手がシリーズ2位を獲得。

2016年度。ナニが何でも獲りたいとアツく語っておりました。

弊社としても、昨年同様全力を尽くし応援させて頂く所存です。

最後になりましたが、起業三年目の弊社が今年一年を大過無く過ごす事が出来たのも、
皆々様のご協力の賜物と存じます。

まだまだ未熟者ではございますが、2016年も相変わらぬご指導ご鞭撻の程
どうか宜しくお願い申し上げる所でございます。

ありがとうございました! 皆さま良いお年をお迎え下さい!

感謝!

筑波スーパーFJ第二戦 優勝!

メンテナンスを請け負わさせて頂いているKAMIKAZE選手が去る5月5日のこどもの日に開催されました
筑波サーキットコカ・コーラプレゼンツJAF地方選手権第二戦スーパーFJに於きまして、
予選3位、決勝優勝の輝かしい結果を出したことをここに報告させて頂きます。

第2戦、優勝。いろいろありましたが、関係者のみなさま本当にお疲れ様でした。<(_ _)>

Posted by 福田 光治 on 2015年5月5日