20190512 Kyo-jo cup開幕戦

 

Kyo-jo CUP参戦!

本年度もようやく始まりましたね。
Kyo-jo cup開幕戦が先週末に富士スピードウエイにて開催されました。

弊社からは一台、
D1 Lights参戦中の粟野如月選手が参加致しました。

彼女は女性ドリフトドライバーとしてご活躍されているのですが、その世界では知られた存在

そんな彼女のフォーミュラデビュー。

このプロジェクトが本格始動してからたったの二か月弱。

バタバタと準備を進め、可能な限りの用意を済ませて。。

歴戦の戦士が集うKyo-jo cupですから、
いきなり結果が出るほど甘いものでは無かったですが

乗るたびに秒で自己ベストを更新する走りを見せ、
流石のパフォーマンスを見せてくれました。

しかし華やかで素晴らしいイベントですね!

グリッドにおいても大きなカメラに取り囲まれ、
公式フォトセッションともなれば人だかりができる流石の人気ぶりでした。

今回のプロジェクトはコレで中締めとなりますが、

きっと彼女の今後のクルマ遊びのお役に立てる経験となったのではないかと存じます。

今後のご活躍を願っております。

またたまには乗ってくださいね♪

 

ありがとうございました! 感謝!

12月26日 体験会大成功!&Photoギャラリー

12月26日に弊社&RCIT様共催の、フォーミュラ体験会。恙なく無事故で終えることができました。
当日ご参加いただいた参加者様の年齢層もさまざま。下はなんと驚きの小学生から、
ジェントルマン世代の方まで幅広く、男女問わず目いっぱい楽しんでいただきました。

皆様ご満足いただけたようで、また参加したい! 次はいつ?等など。。
素晴らしい反応を頂き、本当に感謝でございます。

次回は新年あけて26日土曜日、つくばサーキットコース1000にて貸し切りイベントをやる予定です。
それはまた後日、別の記事にてご紹介させて頂きます。

当日招待していたカメラマンさまから画像が送られて参りましたので、
ここより下に沢山貼り付けておきます。

ご自分の写真だと思うものがあればぜひご自由にお持ちくださいませ。

もし問題があるようであれば削除依頼を頂ければ対応いたします。

それでは本当にご参加ありがとうございました。

感謝!


茂木チャンピオンカップ参戦!

先日ツインリンク茂木にて開催された茂木チャンピオンカップに

弊社より二台参戦したご報告となります。

参戦ドライバーは

 

S-FJ #6 阿比留拳斗選手

Vita #13 岸本直也選手

以上二名です。

阿比留選手はデビュー戦ということもあり、めまぐるしく変わる天候、路面コンディションに

若干翻弄されつつも、しっかりと着実に成長を遂げきっちり完走。

半年前にはほぼ未経験も良いところであったことを考えれば、グリッドに並んだだけで大したものだと個人的には思います。

個人ベストタイムも決勝中にマークするなど伸びしろはばっちりありそうです。

今回は入賞ならずではございましたが、今後が楽しみなドライバーです。

 

Vitaクラスからエントリーの岸本直也選手は、ずっと弊社にてメンテナンスを行わせて頂いている

ドライバーです。

お仕事の関係上土曜入りとなってしまい、ほぼぶっつけテスト無し状態になってしまい。。

挙句生憎の空模様の悪戯が。。

次戦が楽しみですね!

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

レースは結果ももちろん大事です。勝負ごとですからね。

でも。。やはり忘れてはいけないのは、

結果よりも内容が先に来るということでは無いでしょうか。

沢山走りこんで沢山楽しい時間を費やし、一つ一つStep by Stepで着実に進んでいく。

間違っても後戻りをしないできちんと一つ一つを確認しながら進んでいく。

その結果がいつか結実し、ポディウムであったり優勝であったり。何某かのご褒美に繋がっていくものと個人的には思います。

ローマは一日にして成らず。千里の道も一歩より。

 

ありがとうございました!

感謝!

 

Twin ring motegi スーパーFJシリーズタイトル獲得!

20160619-%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f

弊社にてメンテナンスを請け負っております、Superwinds R.T所属のkamikaze選手のマシンを

本年度は若者にもチャンスを与えたいというKamikaze選手の意向で伊藤鷹志選手に貸与し、

Twinring motgiにて開催されております茂木チャンピオンカップレースに参戦の機会を与えることになりました。

そしてその結果のご報告です。

4戦4勝3ポールにてのほぼ完全優勝と言って過言ではない結果に終わりました。
勿論この時期のタイトル獲得は近年まれな出来事であり、

著名なモータースポーツライターの はたなおゆき 氏にもCroooober上で取り上げていただきました。

勿論レースは勝負事ですから、勝敗にはいろいろな状況、出来事などが多数関わるものと存じますが、

結果は結果として素直に喜べる結果と言っていいと存じます。

但し。シーズンはまだ途中です。

次戦 10月30日に最終戦が控えており、そこでシーズンの間一年間に渡ってどれだけ「準備」出来てきたのか。

真価が問われることでしょう。

全く手綱を緩めることなく、ビシビシといきたいと思っております。

よろしくお願いいたします。 感謝!

20160619-%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%ad%e3%82%b4